Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験と新年会

27日はとある試験の為、東京・三田まで行ってきました。
出来はまぁまぁかなとは思うのですが、どうだろうなぁ……(笑)



英語のお勉強。
ちなみにこの薄汚れた小型の辞書は、私の海外ひとり旅のお供としていつも大活躍している辞書です。

三田に辿り着くまでが大変だった。
京急1本で行くつもりで三田までの切符を買って乗り込んだのはいいものの、横浜駅手前で車内放送が流れ出したんです。なんでも、品川駅で信号が故障のため電車は川崎止り。東京方面に向かう客は、横浜駅でJRへの振替輸送を利用しろとのこと。
仕方なく横浜駅で降り、JR東海道線のホームへと移動したら今度はそこでもアナウンスが……。
大井町駅で人身事故発生のため、JRも東海道線と京浜東北線は運転見合わせだって!!!
ゲゲッッ!!!さすがに慌てた私です。
京急もJRも神奈川方面から東京への交通網が途絶えてるぅ~~!?
試験だというのに三田に行けない……と、一瞬青くなりました;;;
「そうだ!大井町が不通でも横須賀線には支障がないはず!!」
そう思って、最後の頼みの綱…と思いつつ、今度は横須賀線ホームへ;;;
なんとか横須賀線は動いてました~~!(*´ー`*)
しかし、京急とJRが同時に止っちゃうなんて、こんなこともあるんだ…とちょっとビビった私でした。

試験の後には、池袋で仲間内と遅ればせながらの新年会。
しばらく試験勉強で悶々としてた後だっただけに、美味しくお酒をいただいてきましたvv(笑)
……なのに、また料理の写真とか撮るの忘れちゃった;;;orz
スポンサーサイト

ビリーの誕生日

1月26日は亡きゴールデンレトリーバーのBillyの誕生日でした。
なのでケーキを買ってきた。



亡くなった後でも、やっぱり誕生日はスルーできないものですよね;
本当は命日だけこういうことするのかな…とか思いつつも、部屋に飾ってあるBillyの写真にお供えしました。



……なんかグチャグチャに置いてますね;;;
「どれでも好きなのをた~~んとお食べvv」って感じです。
ってか、実際にBillyがいたら選ぶどころか全部一気食いで、一瞬にして跡形もなくなってると思いますが…(笑)

この後で、母と私(とKidも少々)とで美味しくいただきました。。。

さよなら、ボクの乳歯さん


ん?なになに?どうしたの?Kid君。。。

どうもKidから皆さんに報告があるみたいなので聞いてあげてください。



……と言う事で!
遂に今日、Kidの歯が1本抜けました。

これがその抜けた歯です。

おめでとう!Kid君!!
君も少しずつ成長しているのね。
ジィィーーーーン。。。




それと、この間ピンクのセーターを着せてお散歩に行ってきました。
帽子はやっぱりガジガジ噛んでしまってかぶせることが出来ず断念。
これ、帽子がチャームポイントなのにぃーーー!!!
とほほほ。



一応、トイ・プードル用のサイズを買ったのですが、まだちょっぴりKIdには大きかったみたい;
トイ・プードルって結構成犬時の大きさがまちまちみたいなので、Kidがどのくらい大きくなるのかわからず洋服買う時は考えちゃいます。
私としてはどちらかというと大きめに育ってくれるのを希望してるのですが……。
小型犬にまだこちらが慣れていないので、一緒に走ったりして足元に絡んでくると踏んづけちゃいそうでコワイです(笑)
家の中でもいっつも後ろに付いてくるので、知らず知らずドアに挟んじゃったりしないかとか、いちいち心配でたまりません。
そのうち慣れるんでしょうけど……(笑)

ところで、この日は小さな子供たちに囲まれてさんざん撫でくり回されていたKid君でしたv
いきなり抱き上げたりするので、内心「落とさないでね~~;;;」とビクビクものな私とは反対にKidは大興奮のようでした!
ペロペロ舌を出して「もっとボクを構って~~~!」とおねだりしてました(笑)

なぜかうちのKidは頑なに「お手」をしてくれません;
一応、理解してはいるみたいなんですが……。
それで、普段なにかをおねだりする時にはなぜか舌を出してペロペロ人の眼前に突き出してくるんですが……;
こ、これって普通でしょうか???



よろしかったらポチッとお願いしますv
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

『坂の上の雲』と旅順の写真

最近、NHKで『坂の上の雲』のドラマ製作発表があったみたいですね。
この小説が大好きな私としては、ちょっと複雑な思いです。
ついに来たか……という感じ。

司馬遼太郎氏は、この作品だけは絶対ドラマ化させないと生前語っていたと思います。
ご遺族の方の了承を得てやっとドラマ化にこじつけたということらしいですが、う~~ん、どうなんだろう。故人の思いはどこへいってしまうのだろう……などと、ちょっと思いました。

司馬遼太郎氏がこの作品のドラマ化を頑なに固辞したのには、間違った解釈を恐れてとのことだったと思います。愛国精神昂揚の為のプロバガンダになりかねない危うさを含んでいる作品なだけに、その点、すごく慎重だったのでしょうね。。。

でも、ふと思った。
時代は変わってきてしまっている。
司馬氏は第二次世界大戦前の日本に逆戻りするのを恐れたのだろうけど、実際は、今の私たちにとって戦前の雰囲気ってすでに遠すぎてピンとこないと思うのです。というよりも、すっかり牙を抜かれて腑抜けに成り過ぎてて、司馬氏の心配は皮肉にも杞憂でしかなくなってしまったのが今日の日本だという気もしてくるのです。
むしろここは開き直って、こう考えてみた。
一億総鬱時代とまで言われている今日の日本人に、もう一度自信を取り戻させるような熱い昂揚をもたらしてくれる、そんなドラマを皆が待ち望んでいるのかもしれない……と。
もうドラマ化が決定し具体的な形として進んでしまった以上、そう思って受け入れるしかないのですよね。。。

なにはともあれ、NHKもこの『坂の上の雲』ドラマ化に対しては、とても丁寧に取り組んでいるようですしね。撮影期間から放送期間、制作費など、すべてにおいて大河ドラマを軽く上回っているらしいじゃないですか!!
その姿勢はかってあげたい気がしました(←何様?/笑)
……でも逆に、今度は大河ドラマの存在価値が問われそう…?(ボソリ)


なにはともあれ『坂の上の雲』。
坂の上の雲〈1〉 坂の上の雲〈1〉
司馬 遼太郎 (1999/01)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

司馬遼太郎氏の数ある作品群の中で一番好きな小説です。
実際、司馬作品の中でも最高峰と謳われているのがコレ。
これを読んで、まんまと私は戦艦『三笠』見学はおろか、旧満州の旅順にまで行きました(あ、私みたいなのが一番司馬氏に懸念されるタイプかも!?/汗)
明治の日本人がいかに苦労していかに頑張ったかを日露戦争を中心に描いた群像劇。また司馬氏の「明治維新とはなんだったのか?」への答えがある作品でもあります。
壮大すぎます!
幕末から明治への一連の騒動の答えが、この明治後半を中心に描いたこの作品で明らかになるんですから!!!
未読の方は、是非ともご一読を。全8巻と長いですが……。

群像劇ではありますが、もちろんメインの登場人物というのはありまして、それが松山出身の秋山好古・真之兄弟(兄は陸軍、弟は海軍)と、正岡子規です。
彼らをドラマでは、阿部寛、本木雅弘、香川照之が演じるそうですね。
阿部寛の秋山好古、もっくんの秋山真之……なんか驚いたけど、妙にしっくり絵柄が浮かんでしまった!混乱した戦場で怒り顔であぐらかいてる好古に、ズボラな格好で三笠艦橋に立ってる真之……(笑)
上で偉そうにご託を並べたわりには、ちょっぴり楽しみにしている自分がいました。
こうなったら半端なものは作らないで、きっちりいいものを作って欲しいと切に願います!
NHKさん、どうぞよろしく!

以下、おまけの旅順での写真を3点ほど載せておきます。
ご興味ある方はどうぞ見てやってください。

追記を表示

まだまだ続く銀塩キッド

昨日の続きの銀塩カメラで撮ったKid君のアルバムです。


庭に咲いてた白い花と一緒に。
おとなしくしていたのはほんの僅かの間だけ……。




ほらね。
すぐこうやって匂いを嗅ぎはじめて、そのあとは花だろうが葉っぱだろうがガジガジ齧りはじめます;
家の中でも低いとこに花や観葉植物を置いておくことはできません!><;




さてさて、ここからトリミング後の写真です。
こうして見ると、モジャ君時代とはシルエットが全然違います。
なんかちょっとキツイ顔になった???(笑)




ちょうどKidが顔を動かしたのでブレて少し顔が大きく見える…orz
尻尾はライオンっぽくしてもらったのですが、まだ小犬なので毛質と量があわず淋しいことに;
(あ、でもこの写真はちょっとひどすぎ;もう少しフワフワしてますよ~!実際は……)




我が家の破壊大魔王の決定的瞬間を激写!!!
いつもこんな感じで壊しまくってます。
ええ、そりゃあもう、いろんなものを……(遠い目)




うん、いけない子!(笑)
いつもその後ろにある私のスリッパ、噛んでるでしょ???
でも、こんな目で見上げられたらつい抱き上げちゃうんですよね~~;
騙されちゃダメよ!私!!
これはKidの策略なんだからぁ~~~~~!!!



よろしかったらポチッとお願いしますv
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

モジャ君、再び!?

銀塩カメラで撮ったKid君の写真です。
ずっと現像所に出しそびれてたので、今となっては古い画像となってしまいました。
モジャ君、再び!!?(笑)
ではどうぞ!!!


お外を覗くモジャ君…もといKidくん(笑)
初めてのお散歩で外の世界を知ってしまってからというもの、興味津々みたいです。
そのうち、もっと遠くのいろんなとこに連れてってあげるからね。




こちらもやはり、外をぼんやり眺めてるKid君。

Kid「はぁ~~、遠くへ行きたい……」

だから!
そのうち連れてってあげるってば!!!(汗)




玄関の外から呼んでも、はじめの頃はおどおどしてなかなか出ては来ませんでした。
Kidにとって居間だけが腕白になれる場所だった懐かしい頃……(遠い目)
今やすっかり……ふっ、もはやなにも言うまい。。。




ノソォ~~~~~。。。
上の写真の後、のっそり近寄ってきたKid君。
犬というよりむしろクマ!?
モジャ君はモジャ君で可愛かったなぁ~~~v(*´~`*)




こんな無邪気なおねだりについつい頬ゆるませて遊んでいると……。

Kid「ね、遊ぼ?遊んで。遊べ!噛むぞゴラァ!!」

はじめは可愛くじゃれてるのに…気づけばガジガジがはじまってるし……!!
い、痛いのだよ、Kid君。
勘弁してください、マジで……orz
こんな時は早く落ち着いた成犬になってくれぃ!!と願わずにはいられません。とほ。




よろしかったらポチッとお願いしますv
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

久々の表参道

先日、絵本好きの友人と一緒に表参道にある『クレヨンハウス』という本屋さんに行ってきました。
絵本好きの人ならきっと誰でも知ってる有名な絵本やさん。
1階が絵本、2階が輸入おもちゃ、3階が女性向け書籍、そして地下には自然派食品の市場とレストランがあります。

そこでヨゼフ・パレチェクの絵本を2冊買いました。
「かばのティリーネック」と「イグナツとちょうちょ」。

イグナツとちょうちょ イグナツとちょうちょ
クラウス・ボーン、ヨゼフ・パレチェク 他 (2006/10)
プロジェクトアノ
この商品の詳細を見る


この表紙絵にうっとり。
素敵なイラストを毎日舐めまわすようにして眺めてます(笑)

この日、お昼には渋谷のそば粉クレープカフェ、Au Temps Jadisに行きました。
行くまではブログ用に写真を撮ろう!と張り切ってたのですが、いざ食べ物を前にしたら、なんとなく写真撮るのが恥ずかしく思えてきて撮れませんでした。くすん。。。
こじんまりしたお店なので目立ちそうで;;;
せめて店の外観だけでも…と思ってたのに、出てきた時にはすっかり忘れてた…orz
リンク貼った先で雰囲気だけでも察してやってください;;;

で、『クレヨンハウス』のある表参道!
久々に行ったのですが、すっごい町並みが変わっててビックリした!(一体いつ以来なんだ~~/笑)
すっかり日本のシャンゼリゼって感じ?(笑)
そんな中、お洒落なツィードのコートにきちんと靴まで履いて闊歩するトイ・プードルがいました。
セレブ犬だわ!!!
うちのKidとは大違い!!!ぶは!

そんな久々の表参道だというのに、私たちときたら、ず~~っと『クレヨンハウス』に入り浸ってて、気づけば表参道ヒルズすら立ち寄らずに帰ってきてました!



よろしかったらポチッとお願いしますv
ブログランキング・にほんブログ村へ

やっと自分のお皿が……

今まで触れずにいましたが、実はKid君のお皿は彼専用のものではなくって、普通の小皿を暫定的に使っておりました;(暫定的に…のわりにはもう既に3ヶ月もそのままだった!)
で、先日の土曜日、やっとKid君のためにワンコ用のお皿を買ってきました!


いろんな色がある中から、明るい印象になるように黄色と白を選んでみましたv
Kid、遅くなってごめんね。
これがおまえ専用のお皿だよ。



それと一緒にこっちのニットも買いました!

これ、マフラーと帽子もついた3点セットなんです!
可愛いでしょ?(笑)
ピンクと水色があって、男の子のKidには水色かな…とも思ったのですが、水色は白地の部分がベージュでなんか今いちだったので構わずピンクにしちゃいました。



でもこれ、帽子の被せ方がよくわかんないんですよね;
てか、その前にKidがガジガジ噛んじゃっておとなしく被ってくれません><;
とほほ~~;;;

最後に最近のKid君(顔が写ってませんが;)

お散歩の範囲もだいぶ広がってきました。

しかし、素朴な疑問。。。
小型犬を飼ってる皆さん、お散歩途中のお買い物とかはどうしてるのでしょう?
Billyの時は、よくお散歩がてらコンビニとかに寄って買い物したんですけどね~。大きい犬だから誰も連れて行こうなんて思わないだろうと、安心して店の外に繋いでました。
でもKidの場合、下手すると誰かに誘拐(?)されちゃうかも???……とか、それが心配でお店の前に繋いで置くこともできません;
小型犬で店頭に繋がれたまま放置の状態って、そういえば見た事ないな…と思ってふと疑問に感じちゃいました;
とにかく、今、お散歩で一番不便に感じてることがそれだったりします(笑)

同じ犬でも大型犬と小型犬じゃ、いろんなことが違ってくるな…と戸惑う今日この頃です。




よろしかったらポチッとお願いしますv
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

ときどきやってくる本の虫

木曜日、フラッと本屋に入ったところ、なにやら私の中のスイッチがカチッと入ってしまった。
たまにこんな日があります。
一気にまとめ買いしたい衝動にかられる時が……。

その時買ったのが、
「世にも美しい数学入門」藤原正彦・小川洋子 ちくまプリマー新書
「日本史の一級史料」山本博文 光文社新書
「インド旅行記2 南インド編」 中谷美紀 幻冬舍文庫
「インド旅行記3 東・西インド編」 中谷美紀 幻冬舍文庫
「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子 偕成社
それと同日、Amazonにて
「アンデルセン童話1親指姫」大塚勇三編・訳 福音館文庫
「アンデルセン童話2人魚姫」大塚勇三編・訳 福音館文庫
「アンデルセン童話3雪の女王」大塚勇三編・訳 福音館文庫

なぜ今更アンデルセン?って感じですが……(笑)
私はあまり幼い頃に絵本を読んだ記憶がなくって、一番印象に残ってるのが児童文学全集かなにかのうちのアンデルセン童話なんですよね。
ホントは子供の頃に読んだアンデルセンの本そのものが欲しいんですけど、どこの出版社のだったかもさだかでないし、たぶんもう今となっては絶版かもしれないな…と思いあきらめました。
そのうち神田にでも行って古本で探してみたいです。


絵本には、最近になってようやく目覚めました!(遅いよ!/笑)
で、「金曜日の砂糖ちゃん」!
金曜日の砂糖ちゃん 金曜日の砂糖ちゃん
酒井 駒子 (2003/10)
偕成社
この商品の詳細を見る

酒井駒子さんという方の絵は存じてましたが、絵本作家さんだとは最近知りました(お恥ずかしい;)
子供のななめ横顔を描かせたら天下一品だと思うこの人の絵がすごく好きです。
この絵本、可愛いだけでなくちょっとシュールな感じがまた良かった。
なによりもこの表紙絵が素敵すぎる!!


「日本史の一級史料」は、なんか中途半端な感じ。
こんな本を手に取る人ってそれなりの歴史好きで、ある程度史料に対する知識もある人だと思うのですが、そのわりには内容があまりにも読者対象を素人として書いてるみたいで「そんなこと知らないような人はこの本読もうなんてそもそも思わないよ」って感じで、どうにも深い部分に触れているようでその実中身は上滑り感が否めませんでした。
著者に言いたい!史料名の羅列なんてなんの意味もないよ!!
そのクセ、自分の発見した史料上の細かな部分を延々語ってるのには「はぁ~、そうですかぁ~~」って感じ。
深く掘り下げる部分は狭く深く、他はおざなりな大雑把さ。バランスが悪すぎ!!
買って損した(笑)
タイトルがいけないですよ、これ。「史料編纂ー私のこれまでこなした仕事ー」とかにすれば良かったのに。こんなタイトルにして内容もそれに絞ったほうが、まだ参考にできるましな本になってた気がします。
なので写真は載せません!!(笑)


「世にも美しい数学入門」。
我ながら、本のジャンルがまちまちだと思います(苦笑)
先日、テレビ(ケーブル)で映画「博士の愛した数式」をやってるのを観たんです。
ちなみにコレです、コレ↓↓↓
博士の愛した数式 博士の愛した数式
寺尾聰 (2006/07/07)
角川エンタテインメント
この商品の詳細を見る

それでお話も良かったんですが、なによりも私は、その作中で語られる数学という学問の世界に強く惹かれたのでした。
小学校から中学にかけて私は算数・数学という科目が大嫌いでした。だってそれってただの計算の時間でしかなかったから。苦痛で堪りませんでした(笑)
でもそれが、高校で数学的帰納法というものを学んだとき、それを自分で理解できたとき、「数学ってなんてすごい学問なんだろう!」と感動して、いろいろ数学者の本を読んだ時期がありました。(今やすっかり数学的帰納法がどんなものだったかも忘れてますが;)
映画を観て、あの時の熱さが蘇った…ですよ!!(笑)
で、原作を…と思ってたのに、なぜかこちらになった。
原作者と数学者の対談本です。
世にも美しい数学入門 世にも美しい数学入門
藤原 正彦、小川 洋子 他 (2005/04/06)
筑摩書房
この商品の詳細を見る

これも面白かったけど、藤原正彦氏の著作へと興味が広がりました。
「心は孤独な就学者」とか「天才の栄光と挫折」あたりを読んでみたいです。


中谷美紀の「インド旅行記」は1巻を読んでいて、続編が出てるのを知って買いました。
これが1巻の表紙。青い空と白い砂の対比が美しい。
インド旅行記〈1〉北インド編 インド旅行記〈1〉北インド編
中谷 美紀 (2006/08)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

インドに行きたいと思ってるので、ずぬけてインド通でもインド好きでもない普通の女性(といっても女優さんですけどね)が旅したインド記というのに興味があって手にした。
この人の文章ってちょっと鼻につく感じがしますが、でも私の中でインドへの興味の方が勝っていたみたいです。とりあえず1巻は最後まで読了できたから(笑)
インドでの出来事を特別賛美するでもなく、とことんコケ落とすでもなく、淡々と語っているのがいいのかもしれません。
なので、続きも買ってみました。これから読みます。


ホントはおーなり由子の「ひらがな暦」が欲しくって本屋に行ったんですけどねぇ;
これはなかったのでした。残念。




よろしかったらポチッとお願いしますv→にほんブログ村

風が強いというのに・・・

前の記事でもちょこっと書きましたが、7日の朝、明るい陽射しの中、ちょっぴり遠く(と言っても歩ける距離)の緑地のある公園までKidと散歩してきました。
いつも近所をウロウロしてばかりのKidにとっては、歩いてでかける初の遠出のお散歩でした。



前日は波浪注意報が出てるくらいすごい雨と風だったんですが、一転、今日は晴れてました。
でも風はやっぱりすごかった……。


これは公園へ向かう道すがら。

あ、そうそう!年が明けたというのにトナカイのコートを着せちゃいました。
これなら、そんなにクリスマスクリスマスしてないかと思って;;;(いや、トナカイな時点で十分クリスマスしてるから…;)

でも行き交う人にたくさん「可愛いーーー!」と声を掛けてもらいましたv
「可愛いコート来てお出かけですね。動物さんがついてる~vv」
「あははは~~そうなんですよ~~~v」
……あえてトナカイだとは言わずにおく(笑)


そして、公園につきましたーー!
Kidはこんな緑地ははじめてなので、ちょっと興奮気味です(笑)
なぜか、落ちてる枯葉をバリバリ食べてるんですけどーーー!!!

「ちょっと、なにしてるの???」
「だってガサガサいう食感が楽しいんだもん!」
「…………そうですか;」
食べてはいなくてかじってるだけみたいなんで、とりあえず放っときました。


「お日様、まぶしいよ……」

陽射しが強くって、影がきつい写真ばかりになりました。
ああ、そういえばBillyとはじめてココに来た時もこんな強い陽射しの中だったなぁ……。
ちょっとしたそんな偶然に驚いてみたりして(笑)


「とっ、飛ばされるぅーーーー!!!」

風が強すぎて、小さなKid君には気の毒なことをしました(汗)
小さく細めたお目々が可愛いvv


「もうこの風ヤダよ~~~;抱っこしろ!」

そう訴えているKid君。。。
この後は頑として動かなくなり、仕方なしに家までの距離をずっと抱っこして帰りました。とほほ。

確かに、風の勢いが半端じゃなくなってきたんです、帰りの頃には。
他のお散歩ワンちゃんたちもみんな風のうなる音に震えてました~~~;
こんな日に遠出させちゃってごめんね、Kid。。。
またお天気のいい日に行こうねv






よろしかったらポチッとお願いしますv
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

在りし日のBilly

今日は雨だとばかり思ってたのですが朝起きたら陽が射していたので、はりきってKidを連れて近所の公園まで散歩に出かけてきました。
写真を撮ったのでBlogにUPしようとMacをいじっていたら、ふとBillyの動画があったことを思い出し、いつの間にやらそちらの編集に夢中になっちゃいました。

初めてiMovieをいじってみましたよ!(今更すぎるぅ~~;;;)
エフェクトをいろいろかけてみたり、音楽を選んだり、なかなか楽しい作業でした。
慣れてないのでやぼったい編集になってると思いますが、よかったら在りし日のBillyの姿を見てやってください。
単に黙々と歩いてるだけですが;;;
(音が出ます。ご注意ください!)



これ、たぶん2000年頃の動画です。
デジカメについてる動画撮影機能で撮ってるので、画面は小さいし時間も短いのですが、デジカメでは当時これが精一杯でした;;;
でも、少しでも動くBillyを残せて良かった……(涙)

Kidの写真はまた後でUPします。



よろしかったらポチッとお願いしますv
にほんブログ村 犬ブログへ

旅の写真で焼肉にありつく

5日は知人が焼肉を奢ってくれるというので、はりきって東京上野まで出かけてきました。
こういう時、普通、焼肉の写真とかを撮るんですよね;
よく人様のブログをみると美味しそうな料理の写真とかありますもんね。
そういうのにまだ慣れていない私……すっかり忘れてました。とほほ;

先日ちょこっと触れましたが、海外旅行が趣味の私。
といっても欧米ばっかりなんですけどね;
で、知人に歴史専門のライターがいまして、たまに彼の本に掲載するための写真の依頼がきたりします。
その彼も年中、仕事を兼ねて海外に行ってはいるのですが、行き先はもっぱらアフリカ・中近東・南米といった比較的マニアック路線。あまり欧米に興味がないらしいんです(笑)
そこで欧米の写真に困ると私の所に依頼がくるんですよ。
掲載料をくれるし、キャプションに名前を載せてもらえたりもするので、喜んで貸出してます(笑)

で、今回、御礼に焼肉を奢ってくれるということになったんです。
キャッホーー!!(笑)
どんな写真を使ってもらったのか、いくつか選んでここに載っけておきます。


ドナウ川流域の小さな街・デュルンシュタイン。
中世の面影を色濃く残した街で、高台には廃墟と化した古城があります。
実はその古城、ライオン・ハートと呼ばれた名高いイングランド王リチャード1世が十字軍遠征の帰りに捕われたお城なんです。
あんな有名な王様がこんな辺鄙な小さい城にいたんだ……と、ちょっぴり切なくなりました。
この写真はその古城から見下ろしたドナウの眺めです。



プラハ城。旧王宮内部。
プラハは本当に古き良きヨーロッパの雰囲気そのままの美しい街。
私がこれまで旅した中で5本の指に入る綺麗な街だと思います。
そして、なにより物価が安い!
だけど英語が通じない!!(笑)
チェコ語はチンプンカンプン。かろうじて通じるのはドイツ語だけ…という所がまたドキドキの楽しい旅でしたv
一緒に旅した友人と「プラハにはもう一度必ず行こうね」と今年も新年早々から誓ったのでした。



メジャーな場所からも、ひとつ。
言わずと知れたロンドン塔、泣く子も黙るロンドン塔(笑)
ロンドン塔はテムズ河岸に立つ、政治犯などを収容したお城ですが、この水門は、そんな囚人が舟でテムズを運ばれ辿り着くロンドン塔への入り口でした。
日本人には夏目漱石の『倫敦塔』で良く知られた場所でもありますよね。
私もはじめてロンドンに旅した時、この『倫敦塔』を読んでから行ったものです。


と、まぁ、こんな写真を使っていただきました。本には白黒で掲載ですが。
依頼がきても自分が写真に入っちゃってたりしてて、意外と使えそうなのがなかったんですよね;
今度からは、名所の写真は人物抜きできちんと撮ろうと思いました(笑)

そんなわけで5日は焼肉をたらふく食べて大満足で帰ってきました~!(*^▽^*)




よろしかったらポチッとお願いしますv→にほんブログ村

きっかけは巴里

私がプードルという犬種に興味を持ったきっかけ……。
それはもうだいぶ前、初めてパリに旅した時のことでした。



パリは言わずと知れたワンコ天国。
あちこちにワンコ(&ワンコのうん●)が溢れています。
お店の中だって大概ワンコオッケー。
ルイ・ヴィトンの店内だってワンコ連れのお客様が堂々と闊歩しています(笑)

そんなパリの街。
そこは野良犬(いや、もしかしたら単に放し飼いされてるだけかもしれない;)もいっぱいいます。
そんなたくさんの野良犬の中、妙に可愛いクマちゃんみたいな犬がうようよいました。



あの犬はなに?……と思った私。
なんかすごく可愛いんですけど!!!
拡大!拡大!!



え?え?えーーーーーっっ!?
これってもしやプードル???
プードルって、あの変なカット(好きな方にはすみません;)をしなければ、もしかしてこんなモコモコの可愛い犬なんじゃん???
動揺を隠しきれなかった私……(笑)

思うに、日本で野良犬といえば柴犬みたいないわゆる日本犬系MIXが比較的多いと思うのですが、パリの野良犬はプードル系MIXが多いんだと思います。
こういうムクムクなプードルもどきの犬がいっぱいいっぱい好き勝手にパリの街中をウロウロしてました。

すっかりそんな野良ちゃんたちにときめいてしまった私。
その頃はBillyがやんちゃ盛りだったので他にも犬を飼う……という気持ちは全然なかったのですけど、プードルという犬種への興味と憧れはその時に植え付けられたのでした。

いつかもしBilly以外にも犬を飼うとしたら、トイ・プードルを自然に伸ばした感じの毛にしたままで飼いたい!と思っていて……そして今、うちにKidがいるのでしたv




よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

あけましておめでとうございます

アッと言う間に2007年ですね。
皆様、新年あけましておめでとうございます!



新年早々、不細工なKidですみません;
なんかこの写真、じじむさい顔してますが耳がちょっと立ち気味で面白かったので(笑)
てか、きちんと正面向いた写真がこれしかなかった…とも言う(ボソリ)

最近はすっかりお散歩大好きッ子のKidです。
ガンガン走って行きます(笑)
上の写真もガーーーーーッって走ってきて止まった瞬間なのでした。
なので耳が浮いている!?(笑)

車通りはやっぱりコワイみたいで、ピタッと止まって動かなくなります。
なので車通りは抱っこして歩くハメに……><;
小型犬ってどのくらい歩かせたらいいのかが今ひとつまだ掴めてません。
少しずつ少しずつ距離をのばしています。
Kidはまだまだ歩き足りないみたいですが???(笑)



風に煽られてこれも変な顔に;;;
というか写真を見て気づきましたが、なにか道に雑巾みたいな布が落ちていた;;;
写真撮ってる時にはKidにしか目がいってなかったので、全然気づいてませんでした。とほほ~~orz


いっつもスノーマンでごめんね。Kid君。。。
でも後はトナカイのコートしかないの;ぶは!!!
今更それは着れないしねぇ;;;



なにはともあれ、今年もどうぞよろしくお願い致します。

あああ~~~それにしても後ろの雑巾………orz





よろしかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ

Appendix

Profile

Author:BillyBaby

7.29生 ♀ 神奈川在住
Billyは前に飼ってた犬の名前。
ゴールデンレトリーバーの優しくやんちゃな子でした。

My Dog:Kid

2006.8.12生 ♂ トイプードル
我が家のホープ(笑)
Billy the Kidから、Billyが前の犬に、Kidがこの子の名前になりました。


トイプードルのKid君のことを中心に、その他イロイロと好きなことを気ままに書き綴っていこうと思います。
どうぞよろしくv





Blog Ranking

にほんブログ村 犬ブログ プードルへ


Extra

Calender

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Birthday Count Down

*script by KT*

Recent Entries




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。